MENU

アントシアニンの効果とは

アントシアニンは、ブルーベリーやナス、むらさきいもなどに含まれているポリフェノールの1種です。これらが食物に含まれているのは、植物自身が紫外線から身を守るためであると言われています。昔から目の疲れによく効くと言われており、最近では研究が進みサプリメントなどが開発されています。

 

例えば、パイロットがブルーベリーのジャムを食べていたところ、夜間の視力回復が見られ、はっきりと見えるようになったとも言われているのです。

 

物が見えるということは、目から入る光が網膜に当たることによって可能となります。網膜にあるロドプシンという物質が光からの情報を受け取ります。このときロドプシンは分解されて脳に信号を伝えるのです。一度分解したロドプシンは再合成され、再び働き始めるのですが、この再生が遅くなるとショボショボするといった眼精疲労が起こるのです。そして、この再合成を助ける役割を担っているのがアントシアニンなのです。

いろいろな種類がある

最近の研究で以下では、アントシアニンにも種類があることが分かってきました。最も代表的なのはビルベリーアントシアニンです。ブルーベリーに含まれていますが、夜間の視力改善や眼精疲労、血流改善などに効果的と言われています。

 

カシスアントシアニンは、ビルベリーの効果にプラスして、一時的な近視防止にも役立ちます。例えば、パソコンの画面をずっと見続けていると、目の焦点が固まってしまい、一時的に近視状態となります。この状態が継続的に続くと、完全な近視となるのですが、カシスアントシアニンにはこれを改善する働きがあるのです。つまり、パソコンなどの疲れ目にはこちらの成分を摂取することが効果的ということです。

 

アントシアニンを含む食べ物は、色の濃い野菜や果物などいろいろあります。ただ、この成分は体内にためておくことが出来ない物質です。そのためにサプリメントなどで定期的に補うことが効果的と言われているのです。

効果的な容量・用法とは

アントシアニンを含むサプリメントは、とても多く販売されています。まず1日に必要とされるアントシアニンの量は40〜90mgです。ただしこれはブルーベリーエキス量とは違います。ブルーベリーエキス量のうち、何%がアントシアニンなのかをきちんと確認することが大切です。

 

また、成分の働きをより感じるためには、ルテインやクロセチンといった物質と一緒に摂ることが効果的です。サプリメントなどをチェックする場合は、こうした他の成分が一緒に含まれているか調べることが重要です。

 

サプリメントは、食後に服用することが吸収率がいいと言われています。ただ、パソコンなどを使用する3〜4時間前の服用といった飲み方の方が、より眼精疲労には効果があります。体内に吸収されたアントシアニンは、24時間後には尿と一緒に排出されてしまうので、毎日継続的に摂取していくことが効果的なのです。飲み忘れたから2日分飲んでも、効果はありませんので注意しましょう。