MENU

眼精疲労に効くアントシアニン

目の病気の予防もできるアントシアニン

 

パソコンやスマートフォンの画面を長時間見る人が増えていますので、眼精疲労に悩まされる人が年々増加しています。

 

対策を行う際に人気があるのがアントシアニンであり、サプリで取り入れるのが一般的です。

 

目を酷使するとなぜ疲れ目に悩まされるのかというと、網膜の中にあるロドプシンという色素の再合成が活発に行われるようになって、その再合成が遅れがちになるからです。

 

ロドプシン色素の働きが弱まると物が見えにくくなり、見えにくくなったものをよく見ようとして更に目を酷使することになります。

 

アントシアニンはロドプシン色素の再合成を活性化させる働きを持ちますので、疲れ目を改善したい時に最適です。

 

優れた抗酸化作用も持ちますので、老化によって目の働きが弱まっている時にもよく利用されます。水晶体や毛様体筋の老化が進むと目の機能が衰えてくるのですが、アントシアニンを取り入れることで老化を予防することができます。

生活習慣病の予防や改善にも効果的

肝臓などの内臓に脂肪が蓄積されると高血糖や高血圧、動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病が起こりやすくなりますが、アントシアニンには内臓脂肪の蓄積を防ぐ効果がありますので生活習慣病の予防もできます。

 

血液中の脂肪を減らして血糖値の上昇を抑える働きもありますので、メタボリックシンドロームの改善にも効果的です。現代人は暴飲暴食や運動不足といった生活習慣に関する問題を抱えている人が多いので、メタボリックシンドロームの発生率を低下させるために取り入れる人もいます。

 

メタボリックシンドロームは現代人にとって非常に深刻な問題になっています。元々が健康な人でも生活習慣病に関する病気を患うと様々な臓器を傷めることになります。そういった病気を改善したり予防をするためにも取り入れることができますので、忙しい現代人にとっては有効な栄養素です。

 

実際にマウスを使った実験でも、アントシアニンを含むエサを摂取すると脂肪の生成量が低下して血中脂肪や内臓脂肪も少なかったという報告があります。

冷え症対策やアンチエイジングにも

女性にとっては冷え症も悩ましい問題です。冷え性になると手足が冷えるだけでなく、内臓の調子も悪くなって具合が悪いと感じることが増えます。

 

冷えは万病のもとといわれる位、病気のリスクを高めるものですので、冷え症改善のために様々な対策を行う人が大勢います。

 

アントシアニンには末梢血管を拡張して血流を促す効果がありますので、冷え症の改善に効果的です。運動をしたり生活習慣を整えながらアントシアニンを取り入れると、より効果的な対策が行えるようになります。

 

また、体内の活性酸素を抑制する働きも持ちますので、細胞の老化を防ぐことができ、皮膚の弾力や水分も保ちやすくなります。

 

ですからアンチエイジング対策として取り入れるのも有効です。活性酸素は体内に侵入したウイルスや雑菌などを排除するために白血球から放出されるものであり、体にとって必要なものですが、増え過ぎると健康な細胞にまで影響を及ぼして老化を引き起こします。